重要なお知らせエリアを非表示

Hase

美しいこと
長く愛せること
beautiful
last for a long time

About

愛知県名古屋市の中心地にある名古屋駅近くにあるレトロビルで月に2回展示会を開催しています。

写真はモリソン小林さんの作品 Haseの精霊です。 https://specialsource.jp/

Feature

  • 01

    紺野乃芙子 レリーフカップ

    ceramic
    沖縄名護で活動する紺野乃扶子。土、釉薬と自ら採取し作品にしていきます。土っぽさを感じつつも手にした質感は木のような不思議な感覚を持っています。
  • 02

    井上茂さんの刷毛目

    ceramic
    土っぽさを感じさせるもとても軽く日常使いしやすい作品で知られる井上茂さん。 粉引、三島といった作風が有名で刷毛目のは数は少ないです。

    けれどこういう作品にこそ作者の美意識とこだわりが詰まっていてついつい目がいきます。

    「あれ、これも井上さんなの?」そんな話題から話も弾み食事の時間がいっそう楽しいものになりそうです。
  • 03

    Camille & Clementine céramique

    ceramic
    フランスの若い陶芸家カミーユとクレモンティーヌがユニットとなり生み出す器。

    現在は2人それぞれの土地で制作していますがこの作品は2017年パリ郊外の街パンタンで作っていたもの。

    海外作家ならではの色彩感覚と可愛らしさ溢れる作品です。

Pick Up ピックアップ

ceramic

紺野乃芙子 レリーフカップ

¥3,960
沖縄 名護で作る紺野乃芙子。土、釉薬の原料を沖縄で見つけ作品にしています。毎回微妙な変化があり一期一会的なものとなっています。カップは300㏄ほど入ります。手から伝わる感触、そして口当たりで沖縄の鼓動を感じてください。
ceramic

bonoho 佐藤尚理さんのスクラッチ正角皿

¥6,050
沖縄南城市で製作するbonoho佐藤尚理さんのスクラッチシリーズの器。作為を感じさせない引っ掻きを施し黒く施釉をしたお皿はいつものお菓子が違うものになります。
wood

名古路英介 折ばめ折敷

¥9,900
折敷はランチョンマットのようなもの。上下2枚の木を左右の木と指物の技術ではめあわせています。木反ることなくオイルの表面の変化とともに長く愛せるものに仕上がっています。

Blogブログ